九皐高 きゅうこうたか かん かな

履正社の学園歌、そして
履正社高等学校の校歌にある
「九皐高く、鳴かん哉」ということばは、
中国最古の経典『詩経』にある成句
「鶴九皐に鳴き声天に聞こゆ」から
取られています。

深い谷間で鳴く鶴の声が
やがて天の高みまで響くように、
無名であっても誠実に生き、
地道に学び続ける人は
必ず世の人々から高い評価を
受けるという意が込められた
ことばです。

履正社は、2022年に
学園創立100周年を迎えます。
学生・生徒が今後も
「履正不畏」の信念を胸に
自分が正しいと信じる道を力強く
歩めるよう、
大阪の地で教育活動に
取り組んでまいります。

学園創立100周年記念インタビュー

履正社の人

Read more

News

お知らせ

100年目の履正社Days

今、履正社の学生・生徒は何を思い、どんな将来を思い描いているのでしょうか。
彼ら、彼女たちの日々の様子を紹介します。

Read more

RISEIにエールを。-100周年記念募金-

皆さまの温かな後押しが、学生・生徒たちの力となります。
学園の持続的な発展のために、エールをお願いいたします。

学生・生徒の「学ぶ機会」を創出する

奨学金基金

返還不要の給付型奨学金を充実させ、経済的理由で学業継続が困難なご家庭や、「学びたい」という意欲の高い若者に学ぶ機会を提供するためのご寄付です。

奨学金基金について詳しく知る

Learn more

履正社の「スポーツ」を支援する

スポーツ振興基金

スポーツは、強い意志で克己し、次の社会のリーダーたる人格を形成するために欠かせない教育活動です。「履正社スポーツ」へのご寄付をお願いいたします。

スポーツ振興基金について詳しく知る

Learn more

伝統の学び舎を、次世代に残したい

100周年記念事業基金

私たちが受け継いだバトンを、未来へつなぐために。新校舎の建設や人工芝グラウンド、ICT学習環境の整備等、100周年を記念した事業へのご寄付です。

100周年記念事業基金について詳しく知る

Learn more